あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

ジョジョの奇妙な冒険「第5部」|荒木飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険

子どもの頃に週刊少年ジャンプを読んでいましたので、ドラゴンボールのついでにジョジョの奇妙な冒険を読んでいました。
当時はあまり好きにはなれず、それ以来、まっすぐ向き合っていません。

そうこうしているうちに、結婚してみると、妻の本棚に「ジョジョの奇妙な冒険」が並んでいます。
会話の端々にもジョジョに関することがでてきます。数年間はしらないふりをしていましたが、なんの気なしに、すこしずつ読んでみました。

第5部

手にとった本には第5部と書いてあります。30巻から39巻。全10冊。
数日かかりました。が、おもしろかったです。
単純に、画がうまいというか、かっこいいですね。

夏目漱石とおなじで、子どもにはわかりにくい漫画です。
わからないわけではないのですが、少なくとも、子どもの頃の私には、むずかしかったように思います。
今でも、けっこうむずかしかったです。

終盤のあたりには、作者のスタンスといいますか、こだわりといいますか、自分が信じているものといいますか、生きかたとでもいうのでしょうか、そういったメッセージのようなものが、勝手にですが、伝わってました。

また、根気よく、丁寧に、仕上げられています。これだけの世界を描くには、めちゃくちゃ苦労したように思います。
作者の個性がみっちり充満していて、逃げる姿勢も見えません。
個性的なものは、時代が変わっても、生き残っていくという原則のひとつだと――

荒木飛呂彦氏の魅力に、ずっぽりと惹きこまれました。