あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカー

実家で食べたホットサンドがおいしかったので、自宅でも食べたくなりました。「ホットサンドメーカー」でウェブ検索をしますと、たくさんのものがありました。その中から、あれこれと、試行錯誤をしました。

「火」か、それとも、「電気」か

直火か電気かの選択肢があらわれました。すべての存在に長所と短所が備わっています。何を最優先するのか。それで方向性が決まります。

フライパンのように洗えるような気がしたので、直火用のサンドイッチトースター「バウルー」に代表されるものにしようかと思っていましたが、子どものことを考えると「ワッフルも作れたら」ということになり、電気、コンセントタイプのもので、ワッフルのプレートが使える商品を選ぶことに決まりました。

電気式で2種類のプレート「ホットサンド+ワッフル」

電気式でホットサンドとワッフルが作ることができるものとなると、目的からある程度、商品をしぼりこむことができました。
この中から選べば大きな機能性はクリアしています。ここからはどこまで理想を求めるかという問題です。
追加の理想は2つ。

  • 電源のオンオフをスイッチで行いたい(子どもが小さいから)
  • パンを耳ごと焼きたい(面倒だから)

こうなるとブルーノ一択になりましたが、よく考えてみると先日に実家でホットサンドを作ったときにもパンの耳ごと焼きました。取扱説明書には「パンの耳をカットした」というようなことが書いてありましたが、全然焼けましたし、おいしかったです。ということは、パンの耳はどの機種でもだいたい焼ける――

また選択肢が広がりました。
そうなると一度リーズナブルなものを使用し、問題があればよりよい商品を使用しようと思います。そこで目にとまったのが、アイリスオーヤマのマルチサンドメーカー。とりあえずこれを使ってみます。