あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

電子レンジ|パナソニックオーブンレンジ「エレック」

電子レンジのきらめき

10年以上使用した電子レンジが、あやしくなってきました。

ばちばち、と、音をたてます。
火花のような、雷のような、きらめきをみせます。

妻が一人暮らしをはじめた時に購入したものらしく、一緒に暮らすようになってからも、使える家具、家電製品は、使えなくなるまで使っています。

「そろそろお休みにしてあげようか」とかいう、こちら側の一方的な思いやりのようなものを、勝手な思い込みからもちだしてきて、新しい電子レンジを買うことにしました。

電子レンジの選びかた

電子レンジにもいろいろなものがありますので、いったいどれにしようかと悩みました。
調べているうちに、からだの内側で、なにかの判断基準のようなものがすこしずつ形作られていきます。

まずは相場を把握し、そこから日本製のものを――
2万円前後のものか、5万円以上するものに、しぼることができました。

近頃の流行の機能がもあるみたいですが、数年すれば、それも古ぼけた機能でしかありませんし、夫婦そろって、手の込んだ料理をするわけでもありませんので、「電子レンジ」は単純に使えればそれでいいので――となると、自然と購入すべき商品が決まりました。

パナソニックオーブンレンジ「エレック」

家庭での電子レンジの使い方はシンプルで、「温めるか、トーストするか」のどちらかです。
最低限欲しい機能は「温め」と「トースト」です。

実際に使ってみると、10年前のオーブンレンジとはくらべものにならないほど、素晴らしいものになっていました。
ごはんを温めても、以前のものは熱くなりすぎたのですが、この「エレック」さんは、適温でストップしてくれます。しかも、温まるまでの時間が超早いです。

トーストも格段においしく焼き上げてくれます。
食パンあhそれほどだったのですが、これにチョコクリームやバターを塗ると、朝食が瞬間的に、ばっちり仕上がります。