あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

確定申告|医療費控除と寄付控除

確定申告

はじめて確定申告をしました。
医療費控除のために行ったのですが、寄付金控除(ふるさと納税)もセットで行いました。

ワンストップ特例制度を利用した時に丁寧に説明を読んだつもりでしたが、すっかり忘れていました。
年収2000万円を超える所得者や、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請――

国税庁のホームページから「平成29年分 確定申告特集」というウェブサイトに飛び、「確定申告等作成コーナー」で、なんとなく進めました。

医療費控除

これはもう、なにが医療費で、なにが医療費じゃないのか。
医療費控除の医療費自体がわかりにくいです。

国税庁のホームページに「No.1120医療費を支払ったとき(医療費控除)」というコンテンツがあり、さらに「No.1122医療費控除の対象となる医療費」というコンテンツもあります。
それでも、医療費は素人に優しくないです。

基本的に治療や診察のための費用は医療費だと書いているので、それでやりました。
健康保険の適用(保険診療、保険外診療)は気にせず――

確定申告等作成コーナー

なんとなく記入欄を埋め、医療費控除では「医療費集計フォーム」を選択しました。
医療費控除の医療費の判断には悩まされましたが、この「確定申告作成コーナー」は使いやすく、わかりやすくつくられていました。

完成した印刷物を見ても、いい感じに仕上がっていました。

資産運用と社会保険労務士

少し前までは、確定申告は自分には関係ないものだと思っていました。

しかし、資産運用をはじめたり、社会保険労務士の勉強をしたり、こういった経験を積み重ねていくにつれて、お金の大切さや、むだなものが少しずつ見えはじめているような気もします。

税金も、保険料も、まったく知らなくても人生は進んでいきます。知らなければ、困ることもあまりありません。
日本という国の、いろいろな意味で、おもしろいところです。

所得税が還付されて、住民税が安くなるのを、たのしみに――
f:id:akumademo:20171202152844p:plain