あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

コバの手入れ|ブートブラック「エッジクレヨン」

履きっぱなしにしていた革靴を使って、手入れの方法を学んでいます。

今後購入する革靴の手入れができるように準備をしているだけなのですが、ブラシをかけ、クロスで磨き、コバを塗り、ソールを補修しているうちに、愛着もわき、見た目も新しくなり、まだまだ履けそうなオーラがただよってきました。
人並みに手入れができるようになれば、革靴をあつかう力が身についているということですので、それなりの革靴を買ってみようと思います。

コバを黒くする

「コバ」がなにかさっぱりわかっていませんでしたが、靴底のサイド部分です。横から見て一番地面に近いところ。
コバの手入れをしている動画を観るまでは、そんなところの色が変わっていることにも気づいていませんでした。
靴底を専用のブラシで磨くことの気持ちよさを知ってしまったことと同じように、「コバ」の色ムラを塗り直す心地よさも知ってしまいました。

本当はコバインキという液体状ものを使う方がいいみたいなのですが、さらに上からワックスのようなもので手入れをしないと、雨で流れ落ちるというような情報もありました。そこまではちょっとできそうにありません。どうしようかと思っていたところ、コバクレヨンという商品を見かけました。

お絵かきするようにクレヨンで塗るだけです。超簡単です。これくらいの手間加減ならやっていけそうに思いました。
使っていてあちこちがよごれる心配もないですし、小さなケースに入っているので場所もとらず、保管もかんたんです。

コロンブスの商品は、いつもデザインが秀逸です。
革用のクローブ型クロス、コバ用のクレヨン。手入れグッズにふたつはいりました。

社名はクリストファー・コロンブス氏からきているそうです。
昔に岩波文庫のコロンブスの文章を読み、複雑な感情が生じた記憶を思い出しました。