あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

ビジネスバッグ|革製品かナイロン製品か。

日本に住んでいるから、日本の文化を大切にしたい

土地というか、風土というか、単に気候といえばいいのか――。「日本」という名前のつけられた空間に住む人間の一人として、その空間の環境に合ったものを選択したいとなんとなく思っています。
衣食住のどれをとっても、生まれや育ちが関係しないものはありません。文化とでもいうのでしょうか。合うものと、合わないものがあると思います。他の国のものをうまく合わせることもできますが、そのまま仕入れた場合、なにかしら違和感や不自然が生じることも少なくありません。

とち【土地】①つち。大地。②宅地や農地など。③その地方。その場所。④領土。(角川必携国語辞典)
ふうど【風土】①その土地の気候や地形などの自然のようす。(同上)
きこう【気候】ある地域の、長期間にわたる温度や天気などの状態を平均して見たもの。(同上)
ぶんか【文化】①人間がつくりだした文明の技術を、その土地の自然的特性に適応させながら人間が営む生活の体系。②世の中がひらけて生活のレベルが上がり、豊かになること。(同上)

日本で使いやすいビジネスバッグとは

ビジネスバッグに求めるものは、機能性、デザイン性、経済性です。使いやすくて、デザインが納得いき、安ければ安い方がいい。この三拍子のバランス、テンポがいい鞄をさがしています。

機能性だけで選べば、エースジーンTUMIを筆頭にいろいろなメーカーの鞄が見つかりました。
デザイン性だけでは、ヨーロッパの革製品のブリーフケースが気に入りました。
経済性は、機能性とデザイン性とのバランスでいくらか変動させるつもりですので、選んだ鞄の価格に見合うだけの価値を、わたしが感じることができるかどうかです。。

趣味としてはレザーのブリーフケースに惹かれました。
しかし、革製品を日本で使う、それも、外へ出て持ち歩く。そのあたりが気になります。

専門家に質問すると、雨にはなるべく濡らさない方がいい。頻繁に使うのであれば月に2度ほどメンテナンスする方が長持ちする。このようなアドバイスを受けました。

イタリア(フィレンツェ)の降雨量と日本(東京)の降水量

検討していたレザーブリーフケースがイタリアの革製品の名産地トスカーナ州のものでした。また、フィレンツェが革製品の街だそうです。雨に弱いといわれている革製品を愛してきた人たちの土地、風土、気候を知ってから、それが日本の文化に馴染むのかどうかを調べてから判断することにしました。

フィレンツェの降雨量データはイタリア政府観光局(ENIT)公式サイトからとりました。東京の降水量は国土交通省気象庁のデータをつかいました(データの作成基準がちがうと思いますが、気軽な判断、だいたいの傾向を把握したかっただけですので、気にせず比較しました)。

f:id:akumademo:20171202131017p:plain
フィレンツェの降雨量と東京の降水量
イタリアには行ったことがありませんが、降雨量から推測すると、湿度も日本ほどではないのかもしれません。
日本では、毎日外へ出さないといけないもの、または、濡れてはいけないものを収納して持ち運ぶ鞄のようなものには、濡れても平気なものを選びたくなります。

毎日使う通勤に革製品は使いたくない

雨の日と晴れの日で鞄を持ちかえたくありません。持ちかえることもできません。天気を調べて外出する習慣がありませんので、折りたたみ傘を常に鞄に放り込んでいます。毎日のことに気を使いたくありませんので、ルーチン化して他のことに気をまわしています。
継続して雨が頻繁に降る土地で、濡れないように気を使うのは性格上無理です。濡れるたびに拭くのは面倒ですし、布団や洗濯物と同じように、太陽に向かって干しておけば気持ちよくなるものが好きです。放っておきたいです。

しかし、革製品が魅力的なことは事実です。通勤用の鞄ではなく、特別な場所へ行く時の鞄としてなら欲しいです。

今回は毎日使うビジネスバッグをさがしているので、革製品はパスすることになりそうです。毎日適当に使っている鞄を持っていきたくないところに持っていくような鞄が必要になった時、レザーのブリーフケースを検討します。

ナイロン生地の鞄

日本でナイロン生地の鞄が流行るというか、売れているというか、町でよく見かけるのも当然のような気もします。土地や風土や気候を視野にいれた自然な選択です。大切な書類を収納するビジネスバッグのような分野においては、特にそうかもしれません。革製品のブランドやメーカーが、ビジネス用に防水のレザーバッグを作っていることからも、そのあたりのことはうかがえます。

ここ数年はコーデュラという生地のものが流行っています。コーデュラがナイロンなのかは知りませんが、なんでもかんでもコーデュラです。たぶんわたしもコーデュラになります。

近所のスーツ屋さんに1万円前後でよさそうなものを見つけました。コーデュラでした。冬のセールで値段がどうなるのか確認してから判断しようと思います。
f:id:akumademo:20171202151312p:plain