あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

社労士試験対策|学習計画:7月、8月

学習計画:7月、8月

過去問題の知識の定着を休止し、模擬試験の復習を優先しました。また、並行して基礎知識も固めました。

7月:模試の復習、択一対策問題演習、大原全国統一模試、TAC全国公開模試、I.D.E.社労士塾最終模擬試験、大原全国統一公開模擬試験

7月からは模擬試験の復習を学習の根幹に据えました(過去問題集はだいたい2周したところで休止にしました)。

模擬試験は、押さえておくべき基礎知識、法改正知識、予想問題で構成されています。宝の山のような教材です。
特にI.D.E.社労士塾の模擬試験問題、解説動画、解答解説は素晴らしいです。合格への切り札です。講師、教材ともに、わたしには相性が良かった。

解説動画はTACや大原も参考になりました。時間がある方は、体験をおすすめします。
TACの解答解説は、良くも悪くもTACでした。大原の解答解説は答え合わせや復習には使いづらいほど、不親切な解説内容でした。

とはいえ、大原は模擬試験の価格が異常に安かった記憶があります。
「試験に慣れるため、自分の現在地を知るため」だけの模試と割り切っても、十分価値のある教材と値段設定です。

加えて、TAC択一対策合格のツボをだいたい2周しています。それでもまだ、基礎知識が歯抜け状態だったので、翌月にも演習を繰り越しました。

8月:模試の復習、択一対策問題演習

先月に続けて、模擬試験の復習を優先しました。

模擬試験の復習で工夫したところは、7月に3周するよりも、7月に2周しておいて、少し時間のあいた8月に再度1周復習させたことです。

1周目は間違いだらけなので丁寧に復習します。2周目は解説で理解してからそれほど時間が経っていませんので、答えの欠片が記憶に残っている状態です。当然、多くの問題の正誤を判断できます。
3周目は記憶が薄まりつつも、消え去る前のタイミングで復習をします。2周目よりも正誤の判断が不安定になっています。その論点の知識を再度、集中的に定着させます。
(※I.D.E.社労士塾とTACのみ、中間・最終(公開)模擬試験を各3周ずつ解きました。大原の解答解説は大原の生徒以外には不親切に作られていたので、復習には向いていませんでした。1周しただけです。)

加えて、TAC択一対策合格のツボをさらに2周しました(前月と合計すると4周)。選択対策合格のツボは時間の関係で1周。

過去問題集で勉強の成果を確認

どのくらいの力がついたのか、このタイミングで再度過去問題集をひっぱりだしてきて解いてみました。たったの2か月間で、問題の正誤を判断する速度がかなり上がっていました。

試験の数日前――。

数日前から少しそわそわしてしまっていましたので、残りの時間に何をするかということを完全に絞りました。焦っても仕方がないことはわかっていたのですが、やはり気持ちが揺れました。合格水準の実力を準備できた方だけが、不動心でいられるのかもしれません。
やらないと決めていた一般常識対策の問題集をちょっとだけかじってみたり、TACのポイントチェックメールを一気にすべて目を通そうとしたり、各資格学校がYOUTUBEに無料でアップしている動画を片っ端から観たり、どれもこれも無駄なことはなかったとは思いますが、計画もしていないことを、焦りの感情に任せて、気持ちの揺れた時間帯に行っていました。

そういう状態で本試験と向かうのは避けようと思いました。焦るのをやめました。

6か月で絶対に合格できる状態にまで仕上げることができるとは、まったく思っていなかったことを思い出しました。
合格の可能性のある実力をつけるところまでもっていくと決めて、限られた時間に、お酒も飲まず、誰とも遊ばず、家族にも迷惑をかけながら、受験することを決めたのでした。

「知っている問題が7割出たら合格、知らない問題が3割出たら不合格。駄目だったら来年。」

気持ちを割り切りました。じたばたするのではなく、現実を直視しました。すっきりしました。
残りの時間は、I.D.E.社労士塾の模擬試験問題を本試験の予想問題集と見なして、その選ばれた論点を総ざらいすることだけに集中しました。
www.akumademo.com
f:id:akumademo:20171028195247p:plain