あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100|コグレマサト他

ウェブ情報の祖先

この本のコンテンツは、現代ではウェブからも得ることができるかもしれません。しかし、ウェブから得ることができるのは、過去にこのような本が先駆者によってつくられたからです。

ウェブ情報の散乱

宇宙的なウェブスペースに散らかっている情報は、努力してかき集めないといけません。場合によっては、費やした時間に対して、似たような情報ばかりを漁っていたという結末もあり得ます。

ウェブ情報と紙情報

ウェブでは次から次へと情報を通過してしていきます。得た情報を自分なりに記録して、復習しておかないと、記憶から零れ落ちていきます。
わたしの場合、そのような情報は、再度目にした時、記憶として蘇ります。一冊の本にまとめられた情報というのは、物質として制限されているので、ウェブ情報よりも、記録の必要もなく、復習もしやすいです。

ブログ運営のヒント

ためになる情報も、興味のない情報ものっていました。一度ゆっくりと考えておいた方がいいと感じた項目もありました。以下の記載はそのいくつかです。

CHAPTER01

  • ブログよりも優れた役割をもっているツールはたくさんあるけれども、ブログにしかできない役割もきちんと残されている。
  • ウェブ上のログを自分の断片のようにとらえておく。他人からすれば、ひとつひとつの記事をつなぎあわせた姿しかイメージすることはできない。「ちょっと見の早呑込み」をされるということ。
  • ブログの性質上、多くの読者が初めての人になる可能性が高い。毎回、初めての人でも読める書き方をする。

CHAPTER02

  • たくさんの情報があるので、SEOを考えずに自分のウェブサイトへのアクセスを伝えることはむずかしい。
  • ひとつ記事では、伝えたい要素をひとつに絞る。書きやすくなり、読みやすくなる。また、要素が多い時はタイトルをつけることがむずかしい。検索エンジンとの相性もいい。
  • よく読まれている記事の関連記事を書き、リンクを張る。
  • 読まれなかった記事の原因を洗い出し、もう一度書いてみる。