あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

電卓の設定|バックパックのなかでぐちゃぐちゃ

第一種衛生管理者の試験に電卓が必要?

過去問題集を解いているときに、電卓があるほうが楽に解ける問題がありました。
空気環境、年次有給休暇、労働衛生管理統計、BMI値――。
また、学科試験受験票の右側「必ずお読みください」に、「3.学科受験の心得」という項目があります。そこに「電卓は使用してもかまいません」と書いてあります。
電卓を持っていた方がいい日と、持っていなくても問題のない日があるのだと思います。試験会場では貸してくれません。交換はしてくれます。

わたしの使っている電卓

シンプルな電卓ならこんな悩みは起こりません。
わたしの使っている電卓は、10年以上前に、日商簿記試験を受けるために買いました。SHARP「ELISI MATE EL-G36」
日商簿記2級には、宝の持ち腐れのような電卓でした。使い心地は抜群です。この電卓を職場でもどこでも使い続けています。
かなりラフに扱っていますが、今のところ壊れそうな気配はありません。
今回の試験会場にも持っていきました。
※今は生産終了しているそうです。後継機種にEL-G37があります。

バックパック

バックパックの中で、ふだん動かさないスイッチが動いていました。
元の設定に戻したくても、ちょっとわからない。仕方がないので取り扱い説明書をみました。
改めて見てみると、わからんツマミとボタンがいっぱいあります。動いてしまったスイッチだけ元に戻すことができればいいので、そのあたりだけを読んでみました。
■「GT(グランドトータル)スイッチ」

  • 「GT」に合わせると、小計が累計メモリーに加算。一般の計算を行うときは「・」位置に。

■「TAB(小数部桁数指定)スイッチ」

  • 計算結果の小数部の桁数およびアディングモードを指定。一般の計算では「F」位置に。

■「ラウンドスイッチ」

  • TABスイッチで指定した小数部桁数の下位1桁目の処理方法を指定。TABスイッチを「F」位置にしている場合は、このスイッチは無効みたいです。気分的に「両入」に。

こうやって調べてみると、けっこう大切な機能だったことに気がつきました。

エクセルだったら自分で計算式として指定している機能です。
電卓でも正しく設定しておきたいところです。