あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

自宅コーヒー|豆の鮮度

家で飲むコーヒーに専門店のようなクオリティを求めていませんが、簡単抽出型のドリップコーヒーよりもおいしいコーヒーが飲みたいです。

簡単抽出型とは、コーヒーカップにひっかけてお湯を注ぐやつです。ブレンディ。キーコーヒー。小川珈琲。メーカーを変えても、理想には届きません。構造自体の限界を疑うようになりました。
調べているうちに、コーヒーは鮮度が大切と知りました。お茶やコーヒーに鮮度を求めたことはありませんが、あたりまえのことのように思えてきました。

コーヒー豆の鮮度

コーヒーの鮮度は、実際に淹れてみればすぐにわかります。全国のスーパーに常に一律で並んでいる簡易抽出型のコーヒーに、新鮮さを求める方がまちがっています。粉にした状態で放置されています。

カルディコーヒー

今度は店舗へ足を運びました。コーヒー豆を買ったことがないので、気後れせずに買える店に行きました。ショッピングモールでよくみかけるカルディコーヒー。スタンダード商品から高い値段のものまで数種類試しましたが、全然納得できませんでした。

買った時期や店舗によるかもしれません。しかし、それでは困ります。店舗で豆から粉にしていただいているのに納得ができないということは、店舗のショーケースに流し込まれている豆の状態が、すでに納得できないということになります。

デパ地下の珈琲豆屋さん

それと同じ頃、高島屋かどこかのデパ地下でコーヒー豆を買いました。これまでのコーヒー豆とちがいました。100gあたり1,000円超。鮮度のちがいが、コーヒーをどう変化させるのかを知りました。
実際にお湯を注いだ時の興奮は忘れません。ガトーショコラのようでした。自分の求めているコーヒーがはっきりしました。

自家焙煎の珈琲専門店

当時住んでいた家の近くに、自家焙煎の珈琲専門店がありました。その店のコーヒー豆は100gあたり500円前後でした。
デパ地下のコーヒー豆には届きませんが、値段とのバランスを考慮すると、納得のできるコーヒー豆でした。その店のサンドイッチやポテトサラダのことを、今でもたまに思い出します。

それからしばらくして――

通販のコーヒー豆屋さん「ナチュラルコーヒー」

妻が出先からコーヒー豆をいただいてきました。淹れてみました。コーヒー豆を買う店を変えました。
ナチュラルコーヒー(NATURAL COFFEE)というお店です。通販です。

だいたい1年くらい利用させていただいていますが、今のところ品質は安定しています。
当分はこちらにお世話になります。

わたしはカフェを巡ったりしません。旅先や外出先で立ち寄る程度です。
世の中には無数のコーヒー豆があると思います。他におすすめのコーヒー豆を売っているお店がありましたら教えください。
f:id:akumademo:20180113143905p:plain