あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

衛生管理者|ホルムアルデヒド対策

衛生管理者資格の勉強が日常の役に立たないか考えています。他のやりたいことに時間を優先して使ってしまっています。

そんな思いで問題集を解いていると、うっすらと出てきました。家具等を買ったときによく見かける言葉です。ホルムアルデヒド。『鋼の錬金術師』を連想しそうになります。

家具がおそろしい毒物を吐き出す。わたしの部屋を汚染する。まじめに想像するとおそろしい光景です。ウェブでは多くの組織や人々が、注意喚起や問題提起をしています。

衛生管理者資格の勉強では、厚生労働省によるガイドラインにホルムアルデヒドが出てきました。科目は労働衛生(有害業務に係る以外のもの)です。労働衛生とは、衛生管理の3つの柱「作業環境管理、作業管理、健康管理」を中心に構成されている科目にあたります。

ガイドライン:基本線。指針。とくに、政府の示す経済政策。guideline(角川必携国語辞典)

テキストには「職域における屋内空気中のホルムアルデヒド濃度低減のためのガイドライン」と書いています。そこからわたしが身近に感じたところは、

1.ホルムアルデヒドが化学物質ということ
2.室内空気を汚染すること
3.発生源は合板繊維板などの建材、家具、カーペット(具体的には、なにかよくわかりません)
4.汚染されるとシックハウス症候群に(目、鼻、喉等への刺激、頭痛等の多様な症状)

合板【ごうはん】材木のうすい板を、木目がたがいちがいになるように、何枚も張りあわせてつくった板。ベニヤ板など。ごうばん。(角川必携国語辞典)

繊維板はわたしの使っている辞書にのっていませんでした。辞書にのっていた合板という言葉も、イメージができません。世の中のことをいかにしらないか。痛感します。

ホルムアルデヒドの対策が、テキストにのっています。かんたんにできる対策は、換気する。捨てる。です。わかりやすいです。部屋で調子をくずしたときは、一度疑ってみます。繊維板とかいうものの写真が見ることのできるウェブサイトがありました。これを見ると「ああ、あれか。」となりました。わたしの家にもあります。よく見かける板でした。
日本繊維板工業会 - JFPMA


映画するみたいですね。
wwws.warnerbros.co.jp

わたしも漫画をおもしろく読みました。ハガレン。
www.ganganonline.com

f:id:akumademo:20171028195247p:plain