あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

外套|ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ

わたしはジョルジュ・シムノン氏の「ロマン・ロマン」が大好きで、さきほどもそのなかの一冊の感想を書きましたが、とうぜんの流れとして、ジョルジュ・シムノン氏が、どのような本を好んで読んできたのか、ということがどうしても気になってしまいます。
akumademo.hatenablog.com

わたしが手にすることのできる情報は、あくまでも断片でしかないので、正確ではないのかもしれませんが、インタビューでこたえていた中では、

おそらくもっとも強烈な印象をあたえたのはゴーゴリでしょう。それからむろんドストエフスキイですが、しかしゴーゴリのほうが上です。(中略)おそらくゴーゴリはまさしく日常生活のなかに出てくるような人物で、しかも同時に、私が求めつづけている、私がさっき第三次元(奥行)とよんだところのものをもっている人物を、創造したからです。彼らの人物のすべては、この詩的霊気をもっています。しかしオスカー・ワイルド風のものではなく――自然に生まれ、そこにあるコンラッド風の詩です。実に濃密であるのです。


ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ氏とジョゼフ・コンラッド氏の影響を、本人がうけたと答えています。

ですので、ついさっき、薄いオレンジ色のソファに横になり、なんども姿勢をかえながら、ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ氏の「外套・鼻 (岩波文庫)」をよみました。

以前にあたらしいという理由だけで光文社古典新訳文庫を選んでしまい、へんな翻訳をよまされ、ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ氏の作品からはなれていたのですが、今回は岩波文庫をえらび、平井肇氏という、きちんとした翻訳をしてくれている「外套」と「鼻」を体験しました。バッチリでした。「外套」はめちゃくちゃおもしろかったです。

それなりに見栄えのする人物しか主人公になれず、かっこいい話しか物語にならないような気がしていたところに、あたしい風をふかせ、あたらしい価値観を提供した。しかも書かれたのは1840年(発表は1842年)。「外套」が小説としておもしろい以上、だれでも主人公になれ、どんなことでもストーリーにできるという可能性がうまれました。

ちょうどこのあたりから、少しずつ芸術への価値観が変わっていたのかもしれません。オーギュスト・ロダン氏がその作品「鼻のつぶれた男」を制作したのは1865年ですが、理想や憧れだけを芸術と認識するのではなく、人間の内面を掘り起こせば、平凡にも、というよりも、平凡にこそ、いくらでも美しいもの、芸術はでてくるじゃないか、という考え方が、どんどんでてくるようになったのかもしれません。

●他にも影響をうけたとされている作家

プーシキン、チェホフ、
ディッケンズ、スティブンソン
フォークナー
バルザック、スタンダール

ジャック・プレヴェール、ジャン・コクトー