あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

あくまでも「ブログ」の芸術カテゴリ

わたしの芸術とは、「文芸、音楽、絵画、彫刻、演劇、舞踊、建築、映画」など。素朴なイメージです。

1.わたしの芸術

小さいころはスポーツに夢中でした。芸術に関心はなかった。成長、成熟の過程で、芸術が重みをもちはじめました。

仕事に追いまわされている時、芸術を欲します。映画館に行きたくなります。ジュースとド迫力のフィクションにまみれたい妄想をします。実際には、仕事に追われているので行きません。職場のデスクでパソコンとお見合いです。

通勤時間に本を読んだり、美術館に行く予定をふくらませたり、帰路の風景にからだを溶かしたりします。不健康な生活を紛らわそうとあがきます。表現は違っても、ぜんぶ元々はおなじ行動です。仕事以外のことをしたい。芸術にからだをほぐしてもらいたい。ひび割れた人間が、輝く方法をさがしている状態です。

生きているので生活をする。生活をするために仕事をする。仕事をしてお金を受ける。食べて寝るだけで満足できない贅沢ものですので、生活を生活にするために芸術を求めます。心身のバランス。ブログカテゴリに「芸術」を設定した理由です。

2.わたしの生活にたいせつなもの

現代社会で生きていくために半ば強制されている「お金、仕事」のことは、いやでも考えないといけません。

いやでもやります。

反動。

「お金、仕事」から距離のある「芸術」を、わたしは生活に大切なものと感じています。

f:id:akumademo:20171028194654p:plain