あくまでも「ブログ」。

「芸術、お金、仕事」のことを書いています。「ハッピー・ライティング」を目指します。

ブログ名のつけかた

名前をつけるのはむずかしい。ゲームの主人公、つくった楽曲、果ては自分の子どもまで。「名前をつけてやる」とはなかなか言えません。今回ブログを新しくはじめるにあたって、ブログの名前に頭を悩ませました。

1.名前のつけかた

名前に対する思いには、個人差があります。適当につける人。凝る人。『風の谷のナウシカ』のように、旅の剣士に名付け親を依頼する場合もあります。

わたしが名前をつける時は、象徴する言葉を選びたいと思っています。

このブログでは、「自分がとらわれているもの」について書こうと思っています。生活の多くの時間を費やしているもの。そういったものをテーマにすれば、飽きることもなければ、記事も無限に生まれてくるような気もします。

 

2.わたしをとらえているもの

わたしをとらえているものは、いったいなにか。わたしと一番つきあいが長いのは、わたしですので、まじめに考えてみました。

「芸術、お金、仕事」

わたしはこれらにとらわれています。限りある未来をよりそっていこうとしています。

現代社会において、「お金、仕事」にとらわれることはかんたんです。「芸術」にとらわれる必要はありません。

しかし、この必要のないものに、わたしは一番とらわれているように思います。そうでもしないと心身のバランスがとれないかのように――。

ある現代の詩人のひとりが、口ずさみました。

限りある未来を 搾り取る日々から 抜け出そうと誘った 君の目に映る海

この言葉を聴いたとき、わたしの限りある未来も、よくわからないなにかにしぼりとられているような気がしました。

感受性の豊かな人間は、心という姿かたちのないものに輪郭をあたえます。奥深くに沈んでいるものを、手にとってながめるように仕向けます。

「しぼりとられるのではなく、納得のいくようにつかいたい」

わたしが生活していくうえで「芸術」が重みをもっている理由は、このあたりにあるのかもしれません。

 

3.このブログの名前

この三つのキーワードに関連した言葉を、ブログの名前、タイトルにしようと思いました。しかし、いい名前がでてきませんでした。

とらわれているものをタイトルにできなかったので、今度は過去の挫折に焦点をあてることにしました。

「なぜ、これまでのブログを継続できなかったのか?」

基本的には文章だけのブログにします。気分がのったときは、他のこともするかもしれません。そのうえで、とらわれているもののことを書いていきます。

それに見合ったブログの名前をつけました。つけたつもりです。

 

f:id:akumademo:20171031172237p:plain